FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目指せ省エネ!やらなくていいことはやらない

こんばんは!秋美です。

私はめんどくさがりで無気力。面倒だと思うことはなかなかできない、進まない。
アレやらなきゃ…はぁ~面倒だな。取り掛かれずに時間だけが過ぎていく。
でもこれって、本当にやらないといけないことかな?と、これからは考えるようにしようと思います。

仕事帰りに本屋に寄って、本を何冊か、少し立ち読みしました(買えよ)
行動が早い人と遅い人の違い、すぐにやる人とやらない人の違い、みたいな内容のとか。

デキる人は、やらなければならないことは手早くやって、後回しにしないという。
もちろん優先順位も考える。

…私、後回しにしすぎ!

デキる人は、やらなければならないことを考えると同時に、やらなくてもいいことも考える、という。
自分が「やらなければいけない」と考えていることの中には、別にやらなくても支障がなかったり、やることによって無駄に時間を奪われたりしてプラスにならないことがある。
そういうことは省いたり、外注して「やらなくてもいいこと」に変えて、自分の好きなこと・やりたいことに時間とお金を集中させる、とか。

…私、やらなくてもいいこともやろうとしてる?

そういう部分、あったかもしれない。
めんどくさがりなのでなるべくやりたくないことはやっていないつもりでしたが、例えば断捨離して手放すと決めたアイテム。

無理にフリマアプリで売ろうとしてない?
売れても数百円しか手元に入らないものに、出品・梱包・発送という時間と手間をかけすぎてない?

「これ、売れても500円(送料込)くらいかな…」
そういうものでも今までは出品していました。
でも500円からメルカリに手数料(売れた価格の10%)を引かれて450円、そこから送料を引いたら…。
いや、でも、少しでもお金になるなら!と思っていました。

なかなか買い手がつかないと、手放すと決めたものを長いこと保管しておくことになります。
500円で売れても、たいして利益にならない。時間・手間が利益と釣り合わない。
(無職のときはそれでもよかったけど)

時間はお金と同じくらい大切。
塵も積もれば…という言葉もあるけど、ちゃっちゃと捨てた方が手間と時間を省けるし、その分の時間を自分の好きなこと・やりたいことに使う。

好きなことをやって好きなことを極めたりすれば、それがお金に繋がることも、今の時代にはある。


「やらなくていいことはやらない」というのは当たり前かもしれませんが、お金に執着して見失いがちになっていました。
そういうことを考えて、考えさせられて、最終的に思い浮かんだのは。


【やらなくてもいいことなら、やらない。やらなければいけないことなら手短に】


という、「氷菓」の省エネ主人公・折木奉太郎の座右の銘でした(笑)
(割となんでもアニメに絡めていくスタイル)

省エネというと普通は節電などのことですが、この場合は、

自分のエネルギーを無駄に消費しないこと
自分にとって負担の大きいことを無理にしないこと

ですかね。

「やらなければいけないこと」は、実は「やらなくてもいいこと」じゃないか?と考える。
やらなくてもいいことは、やらない。
「やらなければいけないこと」を「やらなくてもいいこと」に変えられないか?と考える。
変えられないなら、優先順位を考えつつ、さっさと済ませる。

これや!!

いらないもの・やらなくていいことを断捨離して、目指せ省エネ&ミニマリスト!
そして、好きなこと・やりたいことに時間を使うのだ!


…と考えて、すぐに実行できるなら苦労しないんですが、少しずつでも意識を変えていこうと思います。
それにしても、私の無能さが浮き彫りですね(´・ω・`;





*****

最後まで読んでくださってありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして応援していただけると嬉しいです(*^_^*)

にほんブログ村 その他日記ブログ 干物女・喪女日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

喪女日記ランキング


*****

アンケートサイト、ポイントサイト等

アンケートモニター登録

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

写真素材のピクスタ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

秋美

Author:秋美
30代オタク喪女。
私とこのブログについて詳しくはこちら

* * *

* * *

メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ページの先頭へ戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。